今さら聞きにくい 会社設立の種類って?

合同会社とは - 今さら聞きにくい 会社設立の種類って?

合同会社とは

会社設立と聞くと一般的に株式会社を想像する人はほとんどだと思いますが、近年合同会社という選択肢があることはご存知でしょうか?
合同会社は会社の種類のひとつなのですが株式会社とは少し異なる特徴がありますので、ここでは合同会社とはどのような会社なのか説明していきたいと思います。

はじめに分かりやすく言うと株式会社はリーダーが主導となってどれについていくイメージが強いですが、合同会社はみんなで決めてみんなで運営していくイメージになります。
もちろん各部署にリーダー的な存在はいますが、そもそも合同会社はそこで働く社員全員が有限責任社員になりますのでみんなが発起人になるという考え方なのです。
したがって資本金もみんなで負担し合って創り上げていくので、一部の役員が責任を背負うのではなく一人一人が責任を持って働くことになります。

株式会社の場合、万が一大きな負債を抱えてしまったりトラブルが発生すると役員が責任を取る形になりますが、合同会社は先ほども言ったようにすべての社員に有限責任があるのでみんなで責任を分散するようになります。
その分負担は軽減されますので、仕事もしやすく思い切ったチャレンジができる環境と言えるかもしれません。

会社設立にあたっても株式会社とは異なる点があり、合同会社の場合定款の作成は必要ですが認証の必要がないのでそこにかかるお金が0円なのです。
必要になるのは定款の印紙代と登記免許税ですが、定款を電子認証のもので作成する場合は当然0円ですので、登記免許税のみで設立することができます。
その登記免許税も株式会社は150,000円かかりますが、合同会社は60,000円なのでこの点でもお得だと言えるでしょう。

このように合同会社は同じ会社でも株式会社とは種類が違うものなので、これから会社設立を考えている方はその点も頭に入れて検討してください。
信頼性と言う面ではまだまだ株式会社ですが、これからの可能性を秘めているのは合同会社ではないかと思います。

top