今さら聞きにくい 会社設立の種類って?

会社設立の費用 - 今さら聞きにくい 会社設立の種類って?

会社設立の費用

会社設立にかかる費用は株式会社にするのか合同会社にするのかによって異なります。
そこで今回は会社設立のときにかかる費用を比較してみたいと思いますので、これから経営者になりたいと考えている人は参考にしてください。

はじめに株式会社を設立するときにかかる費用ですが、一般的なものの場合、まず定款と登記にかかるお金は絶対に必要になります。
また定款を紙でするのか電子認証でするのかでも変わってきて、紙で定款をするなら公証人手数料が50,000円、定款印紙代が40,000円、登記免許税が150,000円で合計240,000円になり、電子定款にするならこのうちの定款印紙代がかかりませんので合計200,000円になります。
したがって株式会社を設立するなら電子定款のほうがお得です。
ただ電子定款は手続きを自分でやらなければならないので知識がないと難しい面もありますから、その点は注意が必要です。

次に合同会社ですが、こちらは株式会社と比べて費用を安く抑えることができます。
まず定款の作成を紙でする場合でも電子定款にする場合でも公証人手数料がかからず、定款印紙代は株式会社同様紙でするなら40,000円かかります。
また登記免許税は60,000円なので高くても100,000円、安ければ60,000円で会社設立できるのです。
つまり費用を安く抑えたいというだけなら合同会社のほうがかなり安くなりますのでおすすめです。

しかし会社設立するにあたっていろいろなところにお金がかかりますし、信用という面では株式会社のほうが高いです。
どちらにするかはその人の判断になりますが、会社設立するなら単に費用だけを見るのではなく、どんな事業をしたいのか、またどこにいくらお金がかかるのかしっかり調べて計画的に動いていかなければなりません。

ここで比較した会社設立の費用はあくまでも最低限必要になるものであり、これ以外にもお金は必要になることを忘れないでください。

top