今さら聞きにくい 会社設立の種類って?

会社設立のメリット - 今さら聞きにくい 会社設立の種類って?

会社設立のメリット

会社設立すると個人事業主でやっていたときに比べてどんなメリットがあるのでしょうか?
これは実際にやってみて体験したほうが早いのですが、なかなかそうもいかないので、ここではそのあたりを比較してみたいと思います。

まず最初に会社設立すると法人になりますから、それまで個人事業主でやっていたときとは「信用」という面で大きな違いが出てきます。
信用は事業を展開していくうえで絶対に欠かせない要素ですし、それがなければ物を売ることはできません。
これは逆の立場になって考えてみると分かりやすいのですが、たとえばインターネットオークションで法人が出品している商品と個人が出品している商品が同じ商品であればおそらく前者を選ぶと思います。
法人のほうが保証もしっかりしているでしょうし、何より会社が売っているという点できちんとしているだろうという感覚になるからです。
法人は社会的信用が命と言ってもいいですから、この点に力を入れていますし実際にそうでなければ生き残っていけません。

次に経費と認められる範囲が広いのも大きなメリットで、必要なものを経費として計上することができますから、運営はよりしやすくなるでしょう。
加えて税制上も有利になりますから、個人事業主のときより事業の幅は確実に広がるはずです。

逆にデメリットと言えるのは会社設立にあたってコストがかかるという点で、これは株式会社にせよ合同会社にせよ避けては通れません。
個人事業主の場合、特に決められた設立資金が必要になることはありませんし、資本がなくてもはじめること自体は可能です。
しかし株式会社の場合は最低でも200,000万円、合同会社の場合は最低でも60,000円の設立資金がかかります。

加えて事業計画を定款に記入しなければなりませんので、資本金も用意しなければなりませんしその使い方などの細かい部分もきちんと設定しておく必要があります。
ただこれはやっておいて損することではないので厳密にいえばデメリットではないと思います。

top