今さら聞きにくい 会社設立の種類って?

紙で行う定款 - 今さら聞きにくい 会社設立の種類って?

紙で行う定款

会社設立のときに必ず行う手続きの中に定款の作成・認証があります。
定款とは会社のルールブックのようなもので、組織のシステムや事業計画、資本金、役員などを記載して公証役場でチェックしてもらわなければなりません。

定款の書き方は決められた条文がありますので、それに沿ってやらなければなりませんから初めての人にはなかなか難しいと思います。
そこで力になってくれるのが公証人で、この人たちは作成した定款に間違いがないか確認してくれますし、どこを直すべきかも教えてくれるので初めての人でも安心です。

これはいわゆる紙の定款というもので、公証人に手伝ってもらいながら作成していくことになります。
近年電子定款が主流になりつつありますが、これは先ほども言いましたが初めての人だとなかなか難しい面もあって作り直さなければならないケースも少なくありません。
紙による定款は収入印紙代40,000円かかるものの確実な定款を作成することができますから、知識に乏しい人や自信がないという人は無理せず公証役場で公証人の力を借りてください。

とは言えまずは自身で定款の作成をしなければならないというのは変わりませんから、まずはテンプレートをダウンロードしてそこに記載していきましょう。
定款のテンプレートは会社設立関連の書類などを専門的に扱っているサイトで無料ダウンロードできますから利用してください。
この手のサイトは最近数も多くなっていますし、会社設立関連だけでなくオフィスに必要な書類のテンプレートも数多く扱っているので自分が使いやすいと思えるサイトをひとつ持っておくと便利です。

はじめて会社を設立する場合、どんな書類が必要でどれを常備しておかなければならないかもわからないことがありますから、こういった専門サイトは大きな力になってくれるはずです。
定款の作成はあくまでも通過点であり、その後登記を行ったり、いろいろな手続きもありますのでひとつひとつ確実にこなしていきましょう。

top