今さら聞きにくい 会社設立の種類って?

定款の電子認証 - 今さら聞きにくい 会社設立の種類って?

定款の電子認証

近年、会社設立のときに定款を電子認証する人が増えていますがこれはなぜなのでしょうか?
これはもっとも大きいのが「コストを削減できる」ところにあって、定款を電子認証すると紙の認証のときにかかる収入印紙代40,000円が無料になるのです。
会社設立は何かとコストがかかりますし、削れるところはできるだけ削りたいと誰もが思っているはずです。
40,000円削れればその分違うところに使えますから、電子認証するほうがメリットが大きいと感じるのでしょう。

ただ定款の電子認証を行う場合、パソコンをはじめとした必要な機器・ソフトがなければいけませんので、それを用意する手間はかかります。
また作成も自身で進めていかなければなりませんので、初めての人には難しい点も多いと聞きます。

合同会社の場合定款の認証を必要としませんが、株式会社の場合は定款が認証されなければ登記へ進めませんし合同会社の場合でも登記の段階でチェックは入ります。
したがって定款の作成から認証をスムーズにするメリットがある反面、作成するところにややデメリットがあると言えます。

とは言え今や起業するなら誰もがパソコンは用意するでしょうし、インターネットで調べればいくらでも情報は収集できます。
集めた情報を駆使すれば経験がなくても定款の作成は十分に可能です。

またどうしても自信がない、確実に作業を進めていきたいのであれば専門家の力を借りる手段もあって、これは会社設立手続きを専門的に行っている業者へ依頼するといいでしょう。
こういう業者は定款の電子認証についても非常に詳しいですし、作成から認証までスムーズに進めることができます。
料金も10,000円前後でやってくれるので、もともと収入印紙代が40,000円かかることを考えればこちらのほうがお得ではないでしょうか?
まずは定款の電子認証とはどんなシステムになっているのかを調べると同時に定款とはどんなものか頭に入れておいてください。

top